中古マンションの鍵交換が必要な理由と費用詳解

鍵の確認

中古マンションを購入する際に注意したいポイントの一つが鍵交換です。中古マンションを購入した場合、前の住人が持っていた可能性がある鍵がまだ回っている可能性があります。そのため、自分たちの安全を考えると鍵交換は必須です。このコラムでは、鍵交換が重要な理由や鍵交換費用の相場、業者の選び方をご紹介します。

中古マンションで鍵交換が必要な理由

中古マンションを購入する際に、鍵交換が必要とされる理由は大きく2つあります。

・前の住人やその関係者が鍵を持っている可能性がある
家のセキュリティを守るためにも新しい鍵に交換し、前の鍵の所有者は侵入が出来ないようにすることが重要です。

・古い鍵は経年劣化による痛みで摩耗している可能性がある
鍵自体に問題があると正常に施錠ができない場合があるため、新しい鍵に交換することで安心感が得られます。

以上のように、不正侵入や盗難などのリスクを最小限に抑えるためにも、鍵交換は重要です。中古マンションを購入する際は、新しいスタートを切るためにも鍵交換を強くおすすめいたします。

鍵交換にかかる費用について

中古マンションを購入する際に必要な鍵交換には、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。鍵交換には、施工業者の料金と新しい鍵の購入費用が含まれます。一般的な鍵の交換では、1本あたり数千円から1万円程度がかかることがあります。ただし、マンションの規模や鍵の種類によって費用は異なります。また、特殊な鍵を使用している場合やセキュリティ面を重視する場合は、それ以上の費用がかかることも考えられます。
または、鍵穴やドアノブの交換が必要な場合は追加費用が発生します。鍵交換にかかる費用は、事前に複数の業者から見積もりをとり、費用やサービス内容を比較することで適切な業者を選んでもよいでしょう。

買い手が負担する場合の費用

中古マンションを購入した場合、鍵交換にかかる費用は買い手が負担することが一般的です。新しい鍵を作る費用や施工業者の料金は、購入者の負担となります。また、マンション管理組合が管理する鍵交換基金がある場合は、一部費用を負担することもあります。鍵交換にかかる費用は、物件の状況や業者との契約内容によって異なるため、購入前にしっかりと確認することが重要です。

売り手が負担する場合の費用例

売り手が負担する場合、一般的には鍵の交換費用は売却価格に含まれており、買い手が別途費用を負担することはありません。物件によってどちらが負担するのかを確認し、契約時にしっかりと取り決めることが重要です。

鍵交換を依頼する場合の業者選び

信頼できる鍵業者を選ぶためにはいくつかのポイントがあります。まずは、複数の業者を比較することが重要です。インターネット上で口コミや評判をチェックし、実際に電話やメールで問い合わせてみましょう。費用だけでなく、対応力や専門知識も確認しましょう。次に、業者の許認可状況や保険加入状況をチェックしましょう。適切な許認可を持ち、保険に加入している業者は信頼できると考えられます。さらに、鍵業者へ直接連絡を取ることで、その信頼性を確認することができます。契約前には、鍵の仕様や取り付け方法についても詳しく相談しましょう。

管理組合や管理会社との連絡方法

中古マンションの鍵交換をスムーズに行うためには、管理組合や管理会社との連絡が欠かせません。以下に、連絡方法や注意点について詳しく解説します。

まず、鍵交換を検討する際には、管理組合や管理会社の連絡先を確認しましょう。管理会社の連絡先は、マンションの掲示板や入居時に渡される書類に記載されていたり、定期的に配布される会報や総会の案内などに記載されています。

次に、鍵交換の必要性が発生した場合、できるだけ早めに管理会社に連絡を取りましょう。特に鍵の紛失や不具合が発生した場合は、物件全体のセキュリティ上のリスクにも影響があると考えて、早めの対応が求められます。

連絡方法には、電話、メール、書面などがあります。
緊急の場合は、電話で直接連絡することが最も迅速です。合わせてメールや書面での連絡は、正式な記録として残るため、後日の確認やトラブル防止に役立ちます。

鍵交換に関する規定や手続きについても確認しましょう。気を付けなければならないこととして、物件によっては鍵交換の際に管理組合の承認が必要な場合や、特定の業者を利用することが義務付けられている場合があります。必ず鍵を交換する前に、一度確認をとっておくと安心です。

自分で交換する場合の手順と注意点

自分で交換する場合の手順と注意点について解説します。まず最初に、古い鍵を外し、新しい鍵を取り付けるために必要な道具を用意します。一般的にはドライバーやペンチ、新しい鍵などが必要です。次に、取扱説明書を参考にして、古い鍵を外し、新しい鍵を取り付けます。注意点としては、取り扱い説明書をよく読み、鍵の取り付け手順に従うことが重要です。取り付ける際に無理な力を加えたり、誤った手順で行うと、後々のトラブルの原因になる可能性があります。また、鍵の取り扱いや施工は専門的な技術が必要ですので、自分で取り組む際には慎重に作業を進めることが必要です。もしも自分での交換作業が難しいと感じる場合や、不安がある場合には、専門の業者に依頼することをおすすめします。

鍵交換の具体的な手順

まず、鍵交換を行う際には信頼できる施工業者を選ぶことが重要です。ハウスメーカーや鍵専門の業者など、実績のある企業を選ぶと安心です。
次に、実際の手順ですが、まずは鍵の種類や取り付ける場所によって適切な鍵を選定します。鍵の取り付けが完了したら、しっかりと鍵が開閉するかを確認しましょう。

鍵の種類と選び方

鍵の種類は様々ありますが、中古マンションでよく使われるものにはシリンダー錠やディンプルキー錠などがあります。シリンダー錠は一般的な形状で使いやすく、セキュリティ面でも優れています。一方、ディンプルキー錠は特殊な形状をしており、より高いセキュリティ性を持っています。選び方としては、まずは施工業者と相談し、マンションの環境に合った適切な鍵を選ぶことが大切です。安全性や使い勝手などを考慮し、専門家の意見も参考にして選ぶと良いでしょう。

どのような鍵を選ぶかは、マンションの立地や使用状況、予算などにもよるため、慎重な選定が求められます。そのため、鍵の種類と選び方については専門家との相談を通じて適切な選択を行うことが大切です。

共用部分の鍵も考慮すべきか

共用部分の鍵も新しくするべきです。中古マンションの場合、エントランスやエレベーター、駐車場などの共用部分の鍵が前の住人や関係者に持たれている可能性があります。そのため、自分たちの住まいだけでなく共用部分のセキュリティも守るためにも、共用部分の鍵の交換が重要です。共用部分の鍵交換に関しては、管理会社や管理組合と相談しながら進めることが一般的です。共用部分の鍵を含めてしっかりと鍵交換を行うことで、新しい生活を安全にスタートさせることができます。

オートロックシステムとの連動

中古マンションの鍵交換において、オートロックシステムとの連動は重要なポイントです。

まず、オートロックシステムとは、共用部の玄関やエレベーターなどに設置された自動施錠システムのことです。新しい鍵とオートロックシステムが連動していないと、セキュリティ上のリスクが生じる可能性があります。そのため、鍵の交換を行う際には、オートロックシステムとの連動も忘れずに施工業者と相談しましょう。

具体的な手順としては、まず施工業者にオートロックシステムの仕様や設定方法について問い合わせます。その上で、新しい鍵とオートロックシステムをしっかりと連動させる作業を行ってもらいます。連動作業が完了したら、しっかりと動作テストを行い、正しく施工されていることを確認しましょう。

オートロックシステムとの連動は、セキュリティを確保する上で欠かせない要素の一つです。

まとめ

中古マンションならではの鍵交換に関するポイントを解説してきました。以前住んでいた住人やその知り合いが鍵を持っている可能性があるということは、新築マンションや新築戸建てとの大きな違いです。

中古マンションを購入したら、まずは安全面を考慮して、管理会社や鍵交換の専門業者へ相談してみてください。鍵交換の検討で、この記事がお役に立てれば幸いです。

WEB割引 『ホームページを見た』というだけでお得! 作業料金から最大2000円オフ

鍵の出張サービス 料金

鍵開け、鍵交換、合鍵作成などプロの錠前技師があらゆる鍵のお困りごとに出張対応致します!

鍵のトラブル、まずはお電話下さい!! 到着時間とお見積金額をお伝えします! スマホならこちらをタップでOK! フリーダイヤル 0120-043-495 通話無料!お見積り無料! 24時間365日 電話受付中