マンションの鍵交換手順と費用を徹底解説

マンションのような共有住宅は、一軒家などとはまた違った防犯対策が必要な場面も多いです。
もし鍵交換を考えていても、マンションの種類や鍵の種類によって鍵交換費用が異なることはご存知でしたか?
鍵の種類によっては高額になることもあるので、事前に確認しておきましょう。

鍵交換が必要なタイミング

特にマンションでは、セキュリティの維持や向上のために鍵交換は非常に重要です。マンションにおける鍵交換は、以下のような状況で必要になってきます。

引っ越しや入居者の入れ替わり時

新しい住人が入る際に、以前の住人が持っている鍵をそのまま使用するのはセキュリティ上よくありません。住人が入れ替わるタイミングで鍵交換をしてくれる物件もありますが、そうでなかった場合には自分で鍵交換を行うことをお勧めします。鍵を新しいものに交換することで、泥棒やストーカーなどの不法侵入を防ぐことができます。

鍵を紛失してしまった時

鍵を紛失した場合、誰か悪用を考えている人物に拾われてしまうと、窃盗・強盗・ストーカーなどいろいろな危険性が高まります。
そのため、「鍵を紛失してしまって、探したけれど見つからない…」といった場合には、速やかに鍵交換を行ってくれる専門の業者に連絡して鍵交換を行い、安全を確保することが重要です。

鍵が古くなった、故障した時

鍵が古くなったり、故障した場合にも鍵交換が必要です。長年使用した鍵や錠は、摩耗や劣化によって性能が低下し、セキュリティリスクが高まります。このため、定期的な点検と必要に応じた鍵交換を行うことをお勧めしています。
そうはいっても、自分の鍵が交換のタイミングになっているほど劣化しているかわからないといった場合には、鍵の専門業者に聞いてみるのもお勧めです。

鍵交換が必要な理由

マンションの鍵交換が必要な理由は、主にセキュリティ面に関してです。
例えば、もしピッキング対策の性能が不十分な古い鍵を使用していた場合、不法侵入されるリスクが高く、結果住民や資産に危険が及ぶ恐れがあります。
また、引っ越しや入居者の交代時にも新しい鍵に交換することで、以前の住人や鍵を持っている者が不正に侵入するリスクなどを軽減することができます。

さらに、最新の防犯技術で作られた鍵に交換することで、不正な複製や解錠が難しくなり、高い安全性を確保できます。

マンションの鍵交換手順

マンションで鍵交換を行おうとした場合の手順をご紹介します。

事前に準備するべきこと

①鍵交換して大丈夫な物件か確かめる

物件によっては勝手に工事を行ってはいけないという決まりがあるところもありますので、大家さんや管理会社に事前に連絡を取って、鍵交換作業の了承を得ておくようにしましょう。

②業者を選ぶ

業者を選ぶ際に気を付けるポイントとしては、正確な見積もりを出してくれる業者を選ぶことです。
事前に見積内容をちゃんと確認しておかないと、後で作業費などをかさ増し請求されたりするケースもありますので、本当に出された見積り以上の金額にはならないのかを確かめるようにしましょう。

③近隣住民に告知しておく

作業内容によっては、物音や作業スペースを取ってしまうことを気にされる方もいるでしょう。事前に近い部屋の住人の方には作業をするという旨を伝えておくと、今後のためにも良いかもしれません。

鍵交換当日の具体的な手順

作業当日の流れ

鍵交換当日、業者が来たらまずは作業の内容をを再確認しましょう。
作業内容が見積通りになっているかも確認できると後々のトラブルを防ぐことができます。

鍵交換にかかる費用について

マンションの場合の鍵交換費用について気になる方は多いと思います。本項では、鍵交換費用の相場と費用に関係する要素をご紹介いたします

一般的な鍵交換費用の相場

一般的な鍵交換費用の相場は、マンションの場合、玄関の鍵や室内のドアの鍵などの基本的な鍵交換では、1本あたり数千円から1万円程度が相場となっています。ただし、鍵の種類や素材、防犯性能などによって費用は変動します。
特に、高度なセキュリティを求める場合や特殊な鍵の交換を行う際には、それに応じて費用が高くなることがあります。鍵の交換には、新しい鍵の購入費用の他にも、作業料や出張料などが含まれることが一般的です。さらに、複数の鍵を交換する場合やドアノブや鍵穴の修理が必要な場合には、それに応じて費用が増加します。
安全な住環境を保つためには、適切な費用をかけて鍵を交換することが重要です。事前に複数の鍵屋業者から見積もりを依頼し、費用やサービス内容を比較検討することをお勧めします。

費用に影響するポイント

マンションの鍵交換にかかる費用は、いくつかのポイントによって変動します。
まず、鍵の種類が大きなポイントとなります。一般的な普通の鍵であれば比較的安価ですが、特殊なセキュリティー機能がついた鍵やデザイン性の高い鍵を選ぶと、費用はその分高くなります。
また、交換する鍵の数も費用に影響します。玄関の鍵だけでなく、室内の鍵や郵便受けの鍵など複数の鍵を交換する場合は、その分費用もかさみます。
さらに、鍵交換作業の難易度や鍵穴の状態によっても費用が変動するでしょう。たとえば、古く錆びついた鍵穴の修理が必要な場合や、施錠システムの構造が複雑な場合は、それに応じた作業費用が追加されます。

安く済ませるための方法

マンションの鍵交換費用を抑えるためには、いくつかの方法があります。
まず、複数の鍵を一度に交換することで、まとめて依頼し、鍵屋さんの出張料や作業料を節約することができます。
複数の業者から見積もりを取り、安い金額を提示してきた業者を選ぶことで費用を抑えるという手もあります。しかし、あまりに安い金額を提示している業者は、先ほどもご説明しましたが、後々かさ増し請求をしてくることもありますので、注意する必要があります。

オートロックと鍵交換の関係

オートロックシステムの鍵を取り付ける際にも、知っておきたいポイントがいくつかあります。本項では、そのポイントをご紹介いたします。

オートロックシステムの鍵交換

定期的な鍵交換やメンテナンスが必要

オートロックシステムの鍵交換は、一般的な鍵交換とは異なる特有の手続きや注意点が存在します。
まず、オートロックシステムの鍵交換は、電子キーやカードキーなどの電子的な認証手段を使用することが多いです。従来の物理的な鍵とは異なり、電子キーはプログラムによって管理されるため、交換や更新が必要な場合はシステム全体の設定を変更する必要があります。
このため、専門的な知識を持つ業者に依頼する必要があります。

最新のシステムが導入されたものを選ぶべき!

オートロックシステムを導入している製品にもさまざまな種類のものがあります。
例えば、スマートフォンと連携して遠隔操作が可能なスマートロックや、指紋認証を用いた高度なセキュリティ機能を持つ電子錠などがあります。
これらの最新システムを搭載したものを取り付けることで、マンション全体の安全性を向上させることができます。

オートロックの課題と解決策

オートロックの導入にはセキュリティ面での多くのメリットが存在しますが、一方でいくつかの課題も存在します。
まず一つ目の課題として、停電時やシステム障害における非常時の対応が挙げられます。停電などの緊急時に鍵を使えなくなるという状況は、住民にとって不安を招くことがあります。また、オートロックの場合、鍵を紛失した場合や忘れた場合に再発行や対応が困難なこともあります。

できる対策としては、オートロック導入時からどのようなリスクがあるかを把握して、対応策を考えておくということです。
例えば、非常時におけるマニュアルキーの設置や、スマートフォンアプリを活用した鍵の管理・利用です。また、鍵を管理する上でのルール作りや住民への周知徹底も重要です。マンション管理組合や管理会社との連携を密にし、セキュリティ強化と住民の安全確保に努めましょう。

鍵交換時の注意点

鍵交換時の注意点について、以下に詳しく解説します。まず、鍵交換を行う際には、マンション内の他の住民に対して、事前にきちんと連絡を行いましょう。特に共用部分の鍵を交換する場合は、他の住民への影響が大きいため、配慮が必要です。また、新しい鍵を受け取ったら、すぐに管理会社や鍵屋さんと一緒に鍵が正常に動作するかを確認しましょう。不具合があった場合はすぐに対応することで、トラブルを未然に防ぐことができます。さらに、鍵の取り扱いについても注意が必要です。鍵を無くさないように十分に注意し、他人に貸し出さないようにしましょう。セキュリティを守るためにも、鍵の管理は重要なポイントです。最後に、鍵の交換に伴う費用や手続きについて、事前にしっかりと確認しておくことも大切です。予期せぬトラブルを避けるためにも、事前の準備と注意が欠かせません。

管理会社への連絡

まず、鍵交換を行う際には、最初にマンションの管理会社に連絡をしてください。なぜなら管理会社は鍵交換に関する手続きや注意事項について詳細を把握しており、適切なアドバイスをしてくれるからです。具体的な手順や必要書類、手数料などを確認し、管理会社の指示に従って作業を進めることで円滑な鍵交換が可能となります。また、管理会社との連絡を通じて、他の住民への連絡や共用部分の鍵交換など、マンション全体を視野に入れた対応も行うことが可能ですね。

防犯性を保つポイント

マンションの鍵交換において、防犯性を高めるためにはいくつかのポイントがあります。
第一に、高品質な鍵を選ぶことです。防犯性の高い鍵は、不法侵入などを防ぐためにとても有効です。
また、鍵の管理についても注意が必要です。鍵を無くさないようにし、他人に貸し出さないよう注意しましょう。
さらに、マンション全体のセキュリティも重要です。共用部分の不審者への対応やセキュリティカメラの設置など、マンション全体での防犯対策をしっかりと行うことが大切ですね。

以上のポイントをしっかりと押さえることで、マンションの防犯性を高めることができます。

自分で交換する場合の注意点

自分で交換する場合の注意点について、以下に詳しく解説します。まず、自分で鍵を交換する際には、専門知識や技術が必要となります。特に電子鍵やセキュリティの高い鍵の場合は、誤った取り扱いや取り付けが原因で故障したり、セキュリティが損なわれたりする可能性があります。そのため、自分で交換する際にはあらかじめマニュアルを熟読し、操作手順や注意点を理解することが重要です。また、鍵の交換には専用の工具が必要となることもあります。必要な道具を事前に用意し、安全に作業を行うよう心がけましょう。さらに、自分で交換する場合でも、管理会社や専門家に相談することをおすすめします。問題が起きた際に素早く対応するためにも、専門家のアドバイスを受けることは重要です。自分で交換する場合も、急いで手を抜かずに慎重に作業を進めることで、安全かつ確実に鍵の交換を行うことができます。

まとめ

マンションの鍵交換には、しっかりとした手続きと費用の把握が重要です。まずは、マンションの管理会社や専門の鍵屋に相談し、鍵の交換を依頼しましょう。鍵の種類や数によって費用が異なるため、事前に費用の見積もりを取ることが大切です。また、隣近所への配慮や作業日程の調整も忘れずに行いましょう。セキュリティを守りながら、円滑な鍵交換を行うためには、周囲とのコミュニケーションや慎重な計画が欠かせません。新しい鍵が取り付けられたら、管理や保管にも十分な注意が必要です。しっかりと手順を踏み、費用や手続きを把握することで、安心してマンションの鍵交換を行うことができます。

WEB割引 『ホームページを見た』というだけでお得! 作業料金から最大2000円オフ

鍵の出張サービス 料金

鍵開け、鍵交換、合鍵作成などプロの錠前技師があらゆる鍵のお困りごとに出張対応致します!

鍵のトラブル、まずはお電話下さい!! 到着時間とお見積金額をお伝えします! スマホならこちらをタップでOK! フリーダイヤル 0120-043-495 通話無料!お見積り無料! 24時間365日 電話受付中